‡‡ 23. 術後1日目 ‡‡

ほっとんど寝てない状態で迎えました、術後1日目。
まだ食止めなので、朝食がありません。
でも昼食から全粥とはいえ普通に出るので、消化器じゃない分ほんと楽だなぁ。

うつらうつらしつつも、足ばっちんで起こされて…を繰り返しているうちに、母と兄貴到着。
なんと!昼食はうどんでした!やったーーーー♪
いえね、お粥はどう頑張っても飲み込めないくらい苦手なので(はっきり言えば大ッキライ)麺で助かったーーーしかも大好きなうどん!
と大変テンションがあがったんですが、やはり手術あけの身体。
食欲があるように見えて、なかなか入っていきません……結局半分くらい食べてリタイア。
案外すするのが大変でした。お腹に力入れると痛いので、もの凄い緊張してうどんを食しましたよ、ええ。

その後なんと王子タイツと足ばっちんが取れました!ひゃっほぉう!!!
これで今夜はぐっすりだよー!

そしてなにやら胸部のレントゲンを撮らないと〜と言われて、車椅子で放射線科へ。
へろへろしながら点滴台を掴んで、車椅子ごと連れてってもらいました。
まだ尿の管も入っていたので、尿パックもお供ですとほほほ。
そしてX線撮影の時に緊急事態発生。
普通に立って両腕を機械に回し、はい息止めてーーって言われたあたりで、急速に具合が悪くなってきました。
なんていうか、ジェットコースターとかで落ちる時、鳩尾のあたりがひゅーーーんってなる、あんな感じ?
目の前は白くちかちかちかーーってなるし、耳はキーーーーーンと高音の耳鳴りが大合唱。
あっはっはーー貧血っぽいーー
声もロクに出ない状態で、座ろうにも指一本動かせない感じです。
1枚目を撮り終わったら技士さんが入ってきたので、蚊の鳴くような声で「ぐあいがわるいです〜」というと、すぐに看護士さんを呼んでくれて、取りあえず座りましょう!と。
座って深呼吸をしてるうちに少しずつ良くなりました。
きっと脳貧血かな〜何しろ食止めしてたから食べてないし、夕べは寝れてないし!!!
術後で体力が落ちてたのもあるでしょうしね〜〜
でも1枚目がうまくなかったらしく、ごめんねもう1枚……と。
あはははははははは、気合で立って撮りましたとも!!

その後ゾンビみたいな状態で病室へ戻り、やっとのことでベッドへ。
あぁ……ベッドって安らぐのね……
どのタイミングか忘れましたが、尿の管もこの日にとれました!
なのでトイレは自力で行かなきゃなりません、ファイト!

男子フィギュアフリーの演技が気になって、テレビにかじりついていたんですが「あーさん、部屋が移動になりますよー」と看護師さんに促されて断念。
織田が靴紐の悲劇な場面はばっちり見てたんですが、高橋を見れなかった……いや、DVDに録画してるからいいんだけども、やっぱりリアルタイムで見れるものなら見たいじゃないですか!
まぁしゃーないってんで、ヘロヘロしながらすり足で点滴台に掴まりながら廊下を移動。
ようやく大部屋です、4人部屋ですこんにちは!
今どきの病室は、みんなカーテンをビシッ!と閉じていて、まぁ空気と音は行きかうけれどプライバシーがかなりある状態でした。
びっくり。
でも助かったーー
急に汗のスイッチが入った時とか、病衣を脱ぎ捨てる勢いで全開にして扇がないと辛かったり、起き上がるのにも数分かかったりの状態でしたから、見えないってのは気楽で良いです!
PSPとかDSとか、やたらゲーム機がぞろぞろしてるのも、やはし子供じゃないので丸見えはちょび恥ずかしい(なら出すな)
男子フィギュアがひと段落すると、特に見たい番組もないしなぁ〜とテレビを消して、さあ相棒です。
今回、相棒を借りられて本当に助かったー
ドラクエはそれなり考えながら進むので、憔悴しきった状態には難しくって!
いや、いいから眠れよ、回復に集中しろよ、って感じなんですが、日中寝ちゃうと夜が長くて辛いんです……
大体、9時消灯って!!!!!!!!!!!!
って悲鳴が出そうですもん…
普段なら仕事でそれなり疲れてるので、少しくらい早く寝ても寝れますけど。
びっちりベッドの上でのんびりしてるだけだと、昼間寝ちゃったら夜アウトだ!と、相棒でなんとか起きてました。
そして9時の消灯と同時にぐっすり☆
すごくスッキリした状態で目覚め、おお明け方かな?と期待して時計を見るも、ちょうど12時。
マジでか!!!
これから頑張って朝まで寝ないとってことですか!
前日ほっとんど眠れなかったにも関わらず、3〜4時間ぐっすり眠ったら案外回復しちゃったってか……
とかぐだぐだ考えてるうちに汗が噴き出してきて、しゃーないなぁもうと起き上がって汗拭いてお茶を飲んでいたら、ちょうど見回りにやってきた看護師さんと目が合って思わずニヤリ☆
その後は汗で目を覚ましながらも、ぼちぼち眠れました。
そらーそうだよね、術後1日目の一番しんどい時にあれだけ眠れなくて辛かったんだから、普通は取り戻そうと寝れるよね。

ちなみにこの日の夜、術後初めての便が出ました。
大変でした……
いえね、ふらふらしながらも頑張って自力でトイレに到着!
想像よりぜんぜん痛くなくスムーズに便が出てくれてありがとう!!!
腰のまがった状態ながらも手も洗って、さあ病室に戻るぞー
………って時に、急にキました。
目の前はさーーっと白くなりちかちか星も瞬きだして、ぐるんぐるんのめまいが〜
息苦しいし、こらーもう点滴台に掴まって立ってるのもきっついなぁ、ってんでしゃがみこんでしまいました。
後から知りましたが「便ショック」という状態だったらしいです。
立派な便が一気に出ると、血圧も一気に下がることがあるそうです。
あーー、んだんだ。
もともと血圧低いし「なかなか血圧戻ってこないわねぇ…」って言われるほど低い状態キープしてたみたいですし(4〜5日目になるまで、上が80の下が50とか切ってた模様)
立てずにへこたれていたら、通りかかった患者さんが看護師さんを呼んでくれて「うわぁ!!!大丈夫ですか?!?」と速攻で車椅子でベッドへ。
「いやーもう、次からはトイレの時、ナースコールで呼んでくださいね!絶対!」と念を押され。
本日の担当の方も後から顔を出してくれて「座り込んでたんだって?もう大丈夫??呼んでくれていいんだからね」と優しく言われ。
翌朝には「昨日へたりこんでたって?呼んでねーー」と笑顔で言われ。
いやん、ごめんなさい。
でもトイレに向かった時は結構元気だったんだよーー
出てから急にきたんだよーーと思いつつ。
もの凄くびっくりさせてしまったので、ちょっぴり反省。
その後は大人しく車椅子で連れて行ってもらいました。

Back