‡‡ 10. 試行錯誤 ‡‡

翌日は胃の保護のため、胃薬と一緒に飲み、尚且つ回数も減らしました。
でも胃も痛いし、全身が悲鳴を上げっぱなしだし……

もの凄く前に、母から分けてもらってミオナールを飲んだことがあります。
あの時は劇的に効いて「こんな良い薬があるなんて!」と感動したもんです。
なのに何故今回はこんなに効かないのか……??

いや、効いてるんです、ほんとは。
ただ全身が、特に肩ががっちがちに懲りすぎて、ちょっと薬飲んだ程度じゃほぐれてこないんです…(遠い目)
時間をみてちょっと歩いたり、腕を回してほぐしたり、肩を押したり、シップも貼ったりいろいろやってたんですが、もう八方塞な状態で。

帰宅後、70歳を越える母(元看護士)が「どれ、ちょっと押してみようか」と言って、背中を押してくれました。
肩甲骨?とくぼみに沿って押してもらうと、もんの凄い血流を感じます(笑)
ああ……どうにもならんほど凝ってるのねーーー
首周りや肩の付け根なども、5分ほどですが押してもらうと劇的に良くなってきました。
が、押されてる間はなんかもう悔しいやら情けないやら気持ちいいやらで涙がぼとぼとと。
ああ……更年期のイチ症状「情緒不安定」もキターー

普段から生理が重くて、筋腫のせいで酷い目にあってきましたが。
命に関わる病気じゃないし、もっと辛い病気を抱えて頑張ってる人もいるんだから!
と割り切ってきてたんですが。
今回ばかりは「なんで私だけこんな目に…」って思っちゃいましたね。
弱気になるのは病気の証拠。
なんか好きな甘いもの食べて、テンションのあがる漫画読みながら、あったかい布団でぬくぬくして気を紛らわせよう!
と、とっとと就寝(ここ2週間たるや、毎日こんなです)

やりたいことは山ほどあるのに、それをやろうとする気力も体力も足りません……ええいこんちくしょーー


ここでやっと決心がつきました。
マッサージへ行こう!
ただでさえ通院の度にけったいな額が飛んでいってるので、マッサージは我慢してたんです。
手術自体にも結構な金額がかかるから、貯めておかねばならんしなぁ…と。
でもこんなに具合悪い状態で2月までなんて、無理です。
仕事にもならないし、何より家で死体のように過ごすだけなんて生きてる意味がない!!!
あんなにテンションあがるはずの漫画を楽しんで読めないなんて、精神的にもやられてきてる!
早いトコスッキリした方が安全だ!!!

ってな訳で、ちょうど週末の金曜になったので、マッサージへ行ってきました〜〜〜

Back