‡‡ 03. 健康診断でツッコミが ‡‡

さて、昨年(2008年)の会社での健康診断。
今までバスの健診車がやってきて受けていたんですが、この年から会社の方針が変わったらしく。
近くにできたばかりの、検診を専門にやっている病院へ行くことになりました。

私は「昭和○○年生まれの人が該当します」って言われて、他の人より詳しく調べてもらう総合健診に。
普段は身長体重、視力、血液、尿、血圧、心電図、胸部X線、バリウムってとこだったんですが。

婦人科健診として子宮の超音波検査とマンモグラフィー、あと腹部超音波とか眼底検査とかもあったかな。
いろいろ受けました。
子宮の超音波が、いつも婦人科で受けてる検査と同じものです。
ぷすっと超音波棒をさされるなり、先生の凄い声が。
「あなたこれ、知ってるの?!?!?」>男性

あーーーーはいはい、筋腫のことね。知ってますけど、なにか(笑)

「ああ知ってるの……そう……凄い大きいよ、手術しないとダメだよ」

なんですと?!?!?!?>喜!

「かかりつけの病院あるの?じゃあひと月以内くらいに行きなさいね。5センチとかあるよ」

やっほぉい♪
医者から手術を勧められたーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!
ともう、大喜び(笑)

後日いつもの▲▲病院へ早速行きました!


この時「▲▲病院の婦人科には、副院長をしている凄く良い先生が居る」と母が聞いてきて、その先生の診察日に行ってみました。

いや、別に誰でも良いんだけど、例の酷い奴だけはもうゴメンだ!
って気持ちがあったので、副院長は違うから大丈夫〜〜と行ってみたんです。

「いや、さして去年から大きくなってないよ。この大きさで手術しても(略)」
おいおいどういうこったい。
手術しないと!!って言う医者と。
いらねぇよ、って言う医者と。

あーーーーーーーー…………………>軽くうんざり

生理痛がなにしろ酷いので、もういっそ手術しちゃいたいんだよ!
子宮ごとが無理なら、おできだけでも取ってくれよ!!
とか力説していたら。

「筋腫と生理痛は関係ない!」とばっさり。

しょぼーーん……

あのさぁ……
関係ないなら、なんでこんな痛いわけだ?
夜も寝れない、一歩歩くごとに激痛が走る、痛みが強すぎて鎮痛剤なんて3時間で効果がなくなる。
まったく異常の無い臓器なら、なんでこんなに酷い症状が?
もって生まれたものだからしょうがないって諦めるしかないってわけ??

ともう、悔しくて……

しかもこの方も、かな〜〜りな上から目線での物言いだったので、聞きたいことも聞けずに終わったり………くそう

結局、痛いだけじゃ切ってくれないってことですか。そーですか。
みんな口をそろえて「でも出血酷くないんでしょ」「貧血出てないんでしょ」っておっしゃいますが。
貧血はともかく、生理時の出血量の比較なんてどうやりゃいいんだ?
具体的に「○○のナプキンが○時間であふれたら多い」とか教えてくれんかーーーー

と、やさぐれだしましたほほほ。

いや、もう、誰に話しても埒が明かない……

命に関わり無いんだから、我慢しろってことですか、そうですか……

年に一回の行事ならまだ我慢できるったって、あたしゃ周期が早いから年に14回も苦しむんだぞ!!!!!!

とか毒を吐き出しつつ、でも打つ手も無いので、この年もこれにて終了。

まだまだ戦いが続きますとほほーー

Back